物欲.com

みんなの欲しいものを調べます

【焚き火】キャンプで焚き火を楽しむために必要な道具とは?

 

【焚き火】キャンプで焚き火を楽しむために必要な道具とは?

キャンプやアウトドアのワンランク上の楽しみ方、それは『焚き火』です。

自然の中で炎を囲みながら酒を飲む。こんな贅沢な時間はなかなかありません。

焚き火と聞くと、なんだかハードルが高いイメージを持たれる方が多いと思いますが、実はそんなことはありません。

焚き火が初めての初心者の方でも、しっかりと焚き火道具を準備して、予備知識を持って挑めば難しいことはありません。

このエントリーでは、『これから焚き火を始めよう』という初心者の方に役立つお話をしたいと思います。
 
 

焚き火の方法は主に2種類

【直火】

地面に直接薪を並べたり、地面に穴を掘って、その中に薪を入れて火を付ける方法を「直火」と言います。

直火による焚き火は、植物や芝を痛めるため、直火を禁止しているキャンプ場の方が多い印象。

直火のワイルド感はアウトドアの醍醐味ですので、ベテランキャンパーさんは直火を好む傾向にあります。

【焚き火台】

焚き火専用の台を用いて焚き火を行う方法です。

キャンプ場の多くは直火禁止のため、この焚き火台がないと焚き火を楽しむことができません。

焚き火台には色々なものがありますので、後ほど紹介します。
 
 

焚き火に必要なものは?

キャンプで焚き火を楽しむために必要なものは、それほど多くはありません。

今回は初心者向けの情報として、誰でも失敗しない最低限のアイテムをご紹介します。

・焚き火台
・薪
・薪を割るもの(手斧、鉈、ナイフ)
・火をつけるもの(チャッカマン等のライター)
・火ばさみ、トング
・耐火グローブ(革手袋等)
・チェア
・火の粉で穴が空かない服装
・厚手のアルミホイル

では、それぞれのアイテムの選び方について書いていきたいと思います。
 
 

焚き火台の選び方

焚き火台は、焚き火専用のものや、BBQコンロの役割を合わせ持つ焚き火台など、様々です。

もちろん、値段やサイズも幅があります。

私がおすすめするのは、キャンプでBBQも楽しみつつ、焚き火もできる焚き火台です。
 
 

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル

人気のユニフレームの焚き火台です。

材質はステンレスで熱や錆に強く、安定感があり、値段も7,000円程度と安価で人気商品です。

BBQは大人4人くらいまで問題なく使えるサイズです。

販売価格:7,000円前後

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040
ユニフレーム(UNIFLAME)
売り上げランキング: 11,836

ユニフレーム ファイアグリル4点セット(ケース、革手袋、ヘビーロストル付)

上記のユニフレームの焚き火台のセット商品です。

キャンプでBBQをする場合、標準セットのBBQ網よりも、純正オプションの「ヘビーロストル」の方が頑丈で洗いやすく使い勝手が良いので、セットでの購入がおすすめです。

販売価格:10,000円前後

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6500

ユニフレームのファイアグリルよりも安価で5,000円程度で購入できます。

ヘキサゴン=六角形の網の形状が特殊で、専用の網しか使えない点がネックとなります。

販売価格:4,800円前後

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498

キャプテンスタッグ ヘキサステンレスM-6500を小型にしたものです。

少人数でのキャンプなら、このサイズでも問題ないと思います。

販売価格:3,600円前後

 
 

焚き火台は厚手のアルミホイルでカバー

焚き火台で薪を焚いたり、BBQで炭を起こすと、焚き火台の本体が汚れたり火で痛んだりします。

それを防ぐために、厚手のアルミホイルで焚き火台の本体をカバーします。

焚き火が終わったらアルミホイルを丸めて捨てるだけで、掃除も楽チン。

普通のアルミホイルでは熱に耐えきれず溶けてしまい、余計に掃除が大変になるので、必ず厚手のアルミホイルを使用してください。
 
 

テントファクトリー BBQハイグレードアルミホイル(極厚) 7m

アルミホイルサイズ:幅30cm × 長さ7m

アルミホイル厚:0.04mm

一般的なアルミホイルの厚さが0.01mm程度なので、4倍の厚さです。

実際に手に取ると、その厚みと堅牢さを感じます。とても固いです。

夜のBBQ、夜の焚き火、朝の焚き火と使ってみたところ、風向きのために炎が集中した箇所(1〜2割)が溶けていたくらいで、ほとんどのアルミホイルは残っていました。

販売価格:500円前後

テントファクトリー BBQハイグレードアルミホイル(極厚) 7m TF-BAF0407
TENT FACTORY(テントファクトリー)
売り上げランキング: 365

 
 

薪がないと始まらない

焚き火とは「薪」を燃やすものです。

当たり前ですが、薪がないと焚き火はできません。

キャンプ場で薪を売っている場合もありますが、売っていない場合は自分で用意しなくてはなりません。

薪を購入する方法はいくつかありますが、楽なのはホームセンターで買うか、インターネット通販で買うことです。

しかしいずれも楽に購入できる代わりに、価格は割高となります。

『薪に高いお金を出したくない!』という方は、森林組合から間伐材を安く買ったり、ホームセンターで端材を安く買ったり、その辺に落ちている木や枝を拾い集めたりと、何かしらの努力が必要です。

薪を選ぶ際、ある程度の太さに割ってあるものを選んでください。

全く割っていない薪の場合は、斧で薪割りをする必要があり大変です。

逆に細いものばかりの場合、すぐに燃え尽きてしまいます。

ある程度の太さの薪を、ナイフや鉈等で『細〜中〜太』まで割って使います。
 
 

プレミアム薪 約20kg ナラ クヌギ さくら 樫等

安心・高品質、四国のプレミアム薪を人工乾燥させることで「着火性抜群」の薪に仕上げられています。

販売価格:3,000円前後

広葉樹薪 13kg前後

広葉樹:イヌシデ、アカシデ、クマシデ、アオハダ、カエデ、ヤマナシ、オノオレなど重めの広葉樹

販売価格:1,800円前後

長さ36㎝ 容量約30L 広葉樹薪 13㎏前後【鈴友林業】
鈴友林業
売り上げランキング: 16,768

TreesLife カシの薪 お試し 5kg以上

カシは比重が高いため、火持ちが良く長い時間火を楽しめます。

火力もありススもあまり出ませんが、着火はよくありません。

販売価格:1,400円前後

TreesLife カシの薪 お試し 5Kg 以上
株式会社アスケ緑化
売り上げランキング: 37,532

 
 

キャンプ場で薪を割ろう

薪を燃えやすくするために、様々な太さに割ることが重要です。

1:フェザースティック用の極細
2:焚き付け用の細いもの
3:火力をアップさせる中くらいのもの
4:長時間燃やす太目のもの

5cmくらいの薪なら小さいナイフでも割れますが、10cmくらいになるとナイフでは厳しくなってきます。

その場合は鉈や手斧の出番になりますが、個人的にはパワフルな手斧がおすすめです。

なお、ナイフで薪を割る場合、折りたたみナイフは推奨できません。

折りたたみナイフの構造上、バトニング(叩いて割ること)に不向きで、最悪の場合ナイフが壊れますし、危険です。

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty

スウェーデンの老舗メーカー「モーラ」の人気のナイフです。

安価なのに堅牢な作りで、ナイフ入門に最適です。

ヘビーデューティーの特徴は『3.2mm厚の刃』です。

これで薪のバトニングもフェザースティック作りもOK。料理にも使えます。

ナイフはモーラが鉄板なので、今回はこれ以外におすすめするものがありません。

販売価格:2,600円前後

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG
Mora of Sweden
売り上げランキング: 202

ハスクバーナ 手斧 38cm

300年以上の歴史をもつスウェーデンの「ハスクバーナ」の手斧です。

チェーンソーや芝刈り機に興味のある人には超有名なメーカーですよね。

このハスクバーナの手斧は持ちやすい形状が特徴で、小さめの薪割りに最適な手斧です。

HelkoやHultaforsの斧も人気ですが、これらは高価なので、高性能なのにお求めやすい価格のハスクバーナがおすすめです。

販売価格:4,700円前後

ハスクバーナ 手斧 38cm 576926401
ハスクバーナ・ゼノア
売り上げランキング: 107

 
 

焚き火用チェアはローチェアがおすすめ

焚き火台は結構低い位置になりますので、よくあるアウトドアチェアよりも、ローチェアがおすすめです。

ローチェアのくつろぎ感は格別です。

ローチェアにも色々あり、人気ブランドのものは結構なお値段です。

チェアは人数分必要なので、一つあたりの値段が重要になってきます。

中国製の類似品なら3,000円くらいで購入できます。
 
 

LICLI アウトドアチェア 折りたたみ 耐荷重120kg 5カラー

ヘリノックスのような形状のチェアです。

実際に使ってみると頑丈で、座り心地は良いです。ただ、地面が柔らかいと脚が地面に刺さります。

このチェアの特徴は、収納時サイズがコンパクトで軽量なことです。

1kgを切る重量なので、キャンプ場にも持って行きやすいです。

本家(ヘリノックス)の価格が12,000円〜15,000円と高価なので、この類似品チェアのコスパは優れていると言えます。

販売価格:2,700円前後

HELINOX チェア ワン

類似品ではなく、本物を求めるならヘリノックスのフラッグシップモデル「チェアワン」。

耐加重:145kgと堅牢で、多くの人に支持されているアウトドアチェアです。

販売価格:12,500円前後

 
 

キャンプ場で焚き火をしよう!

さあ、今回ご紹介した焚き火グッズを用意したら、さっそくキャンプ場に行って焚き火に挑戦してみましょう!

風向きに注意し、適切な火力を維持して、安全に焚き火を楽しんでください。

きっと、これまでのキャンプとは一味違う体験になるはずです。
 
 

 
 
※当ページに掲載している情報の正確性は一切保証できません。またこの情報を利用する事により利用者に不利益が生じても情報発信者は一切の責任を負いません。

 - アウトドア